[GAS] スプレッドシート内のセルの値を取得する

getRange()関数で指定します。 単一セルではなく複数のセルの値を取得するときは引数を4つ指定します。 それぞれ、 行の開始位置 列の開始位置 開始位置から何行取得するか 開始列から何列取得するか となっています。…

続きを読む

Google Apps Script で日付を扱う(2)

今回は、gasで日付をフォーマットする方法について書いていきます。 使うのはUtilities.formatDate()というメソッドです。このメソッドを使うことで、さまざまな書式で日付や時刻を表現することが可能になりま…

続きを読む

Google Apps Script で日付を扱う(1)

Google Apps Scriptで今日の日付を取得する方法は以下の通りです。 var dt = new Date(); DateというのはDateオブジェクトという形式のデータを生成するものです。この形式にすることで…

続きを読む

GASの基本的な書き方

Google Apps Scriptにおける基本的なシートの読み取り、書き込みのまとめ。 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); var sheet = ss.ge…

続きを読む

行を削除するためのfor文の書き方

for文といえば、以下の形が一般的ですね。 for(var i = 1; i <= 10; i++){ //ここに処理を書く } 上だと、なにがしかの処理を10回繰り返すプログラムです。 ところで、たとえば、goo…

続きを読む

gasで最終行がどこか取得したい

filter()……指定した範囲のうち、カッコ内の形式のデータのみ選択 length……選択したデータの個数を取得 この2つを用いることで、指定した範囲に欲しい形式のデータが何個あるかがわかります。つまり、行数をカウント…

続きを読む

Google Apps Script で SJIS の文字コードで URLエンコードする

function EscapeSJIS(str){ return str.replace(/[^*+.-9A-Z_a-z-]/g,function(s){ var c=s.charCodeAt(0),m; return …

続きを読む

Google Apps Script でセルの内容をダイアログに表示する(改行あり)

var objSpreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); var objSheet = objSpreadsheet.getSheetByName(“shee…

続きを読む

Google Apps Script で SES の Bounce を Spreadsheet に書き出す

SES の Bounce SNS 通知の設定を設定し、転送先の Gmail アドレスを設定する。 Spreadsheet のスクリプトエディタで以下のスクリプトを作成する。 トリガーに設定しておけば定期的に Gmail …

続きを読む

GoogleAppsScriptでSpreadSheetの情報をとってくる

GoogleDriveにアクセスし、 新規 > その他 > アプリを追加 Google Apps Script で検索して接続 新規 > その他 > Google Apps Script でシートを開きます。 funct…

続きを読む

Google Drive のドキュメントを定期的にバックアップする

1. Google Apps Script ファイルを任意のディレクトリに作成します。 2. 以下の関数を定義します。 function backup() { var folder = DriveApp.getFolde…

続きを読む

1日1行シートに行を追加する Google Apps Script

下記の例では1カラム目に日付が入ります。updateByDay をトリガーで定期実行すると、1日1回のみ行が足されていきます。 function insertToday(sheetName) { var spreadsh…

続きを読む

Mixpanel の Funnel を解析する Google Apps Script

API_KEY = “”; API_SECRET = “”; function getFunnel(funnel_id, from_date, to_date) { try { var data = { ‘unit’ :…

続きを読む

Google Code のダウンロード数を集計する Google Apps Script

function googleCodeCount() { var response = UrlFetchApp.fetch(“https://code.google.com/p/<PROJECT_NAME>/…

続きを読む

SourceForge のダウンロード数を集計する Google Apps Script

function sourceForgeCount() { var response = UrlFetchApp.fetch(“http://sourceforge.jp/projects/<PROJECT_NAM…

続きを読む